【定期開催】 11/10(土) プログラマー転職相談会@大阪 詳しくは コチラ

未経験からプログラマーに転職したインタビュー Vol.02 南健太郎さん〜個人開発で世界を周りたい〜

炎寺ニア

前回好評だったこともあり続けることになったインタビュー記事第二弾です!

前回のインタビューはコチラ▼

炎寺ニア

現在フリーランスとして活躍されている南健太郎さん。
実は南さんは未経験から、しかも新卒で就職せずにフリーランスとして独立された珍しい経験をお持ちの方です。どのような経緯でプログラマーとなり独立を選んだのか?伺っていきましょう!

南健太郎

よろしくおねがいしますー!!(うわー緊張する〜)

どうしてプログラマーになろうと思ったのですか?

南健太郎

キッカケは留学の面接に落ちたことでしたね。

留学したいと外語大学に通っていました。そこで留学の面接を受けた際、ちゃんと勉強していたにも関わらず面接官に「あなたが単位をとってくるイメージが湧かない」と言われ落ちたんですよ。

それでその時思ったんです。理不尽だなと・・・・
でもそういう理不尽なことってこれから生きていく中で今後きっとでてくると思い、その理不尽さを切り抜けれるスキル・能力が必要だなと当時思ったんです。

それで起業向けのイベントなど様々なところに顔を出していたところ、よく耳にするのが
「家で仕事したかったのでインターネットで起業しました」って話だったんですよ。

パソコンで仕事する=プログラミングかな?と興味を持ち、無料で学べる学習サイトなどでHTMLやCSSを勉強始めたのですが・・・・

炎寺ニア

ですが?

南健太郎

まぁ、当然のごとく挫折しますよね(笑 当時は相談できる人もいなかったので。

その後もう一度勉強し直して翌年留学試験には合格し、留学することができました。

留学当時、たまたまSNSで回ってきた
「short films code stars 」という動画を見たんです。

これを見てカッコいいなー!って感情的にも論理的にも魅力を感じました。また、facebook元役員の名言で「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」ってのを見てまたこの人がいうなら間違いないだろうと、プログラミングに再チャレンジしました。

南健太郎

・・・でも結局大したもの作れなかったですよね…

炎寺ニア(あわわ)

おお、二度目の挫折ですね・・・

どうやって勉強したのか?

南健太郎

まずはネットで勉強しようと考えました。当時「ドットインストール」というサービスがあること知り勉強してみました。

炎寺ニア

最近だったらProgateとかありますが、ドットインストールは国内ではオンライン学習サイトとしては老舗ですね。

あとは「プログラミングとは」などで検索しました。でも、その記事を読んでも正直良くわからなかったです。
本も買ったりしたんですが、自分に合うレベルの本が分からなくて知らずに難しめの本を買ったりもしました。

炎寺ニア

良くも悪くも情報がありすぎて、自分に合った本や情報探すのは難しいですよね。

南健太郎

留学時、流行ってるものに手を出そうとiPhoneアプリ開発に手を出したのですが、挫折しましたね。。。

その後自分のやりたいことをやるためにPHPを勧めてもらってメールフォームを作ったりしつつ、ある時オープンソースのソースコードを読んで自分で機能をとってくる力を身につけました。それからはネット、本、人に聞いてを繰り返し。

もう少し経験ついてきたあとに半年間プログラムの会社でアルバイトして実践。
ここで配列やMVCモデルの概念とか学べました。

MVC(エムブイシー)モデルとは、Model・View・Controllerの3つに処理を役割に分けて独立して設計することにより効率的に開発したり、バグを突き止めやすくするなど考えられている作り方です。

人の書いたソースを読む経験をここで積めたのは本当に貴重でした。人のソースコードを読む力がなかったので、分からなすぎてヤバイ!って本当に驚きました。

初めてアルバイトいった会社では1ヶ月ぐらいで作業見積もりしてたものが、CakePHPというフレームワークの仕組みが理解できず2,3ヶ月掛かってしまいました。ようやく終わって
俺やっていけるんかなー?と悩みましたね。とにかく配列ばっかりやし、書いてることが正直合ってるか自分でも分からない。

一番しんどかったのは、プログラムの構造が掴めないのが辛かったことです。アルバイトで入った時の状態は、半年の間にHTML/CSS勉強して、3ヶ月ぐらいPHP勉強した状態でしたのでまだまだ理解が足りませんでした。

南健太郎

ちなみに初めてとった仕事はクラウドソーシング、FC2ブログのテンプレート1万円ぐらいの仕事でしたね。

炎寺ニア(あちゃー)

安すぎ!でもはじめての0から1への仕事がそれだったんですね。思い出深い!

クラウドソーシングとは、不特定多数の方に仕事を募集したり、依頼したりできるマッチング系サービス。国内であればクラウドワークス、ランサーズといったクラウドソーシングサービスがある。

次は問い合わせフォームを作ると勉強になるとオススメされたので2〜3週間ぐらい掛かって作りました。ページが切り替わってもデータを保持するセッションの使い方とか理解しました。

バイト先での仕事は予約管理の仕事。初めてグラフとか作るみたいなタスクがあって、難しすぎて苦労しましたし、挫折しまくりました。そのシステムはSmarty(スマーティ)というPHPのフレームワークで作られていて結局できなくて先輩に引き上げられた。

次のやつは決済に関する仕事だったけど駄目でした。
その次はWordPress(ワードプレス)の仕事でようやく普通に仕事納品できるようになった。

なるほど、ここまで上手くいかないなーっていう挫折の連続だったんですね。特にCakePHP(ケイクピーエイチピー)やSmartyなどフレームワークって使えるようになると便利なんですけど最初覚えるのは大変だったでしょうね。

あと、普通の会社だったらセキュリティの関係で社外からのアクセスを防ぐのにIPアドレスの縛りとかあるんですが、半年間バイトした経験でどこかの場所に依存する働き方は違うなと感じました。

IP(アイピー)制限とは、セキュリティ上の理由で、特定のインターネットに接続しているIPアドレスだけしかサイトやサーバーにアクセスできないようにして、第三者に情報がもれないようにする仕組み。

その後はオリジナルでメールの配信のシステム作ってみたりとかしましたね。

その後首切られた後ニートっぽい状態になって技術力無い、自分で作りたいなって思ったものを作れる能力が居るなと考えた結果、オープンソースのソースコードを見ることにしました。

あとは単純ですが他の第一線で活躍している人のインタビュー記事でも、オープンソースのソースコードを見ろってあったのでやってみようかなと(笑

炎寺ニア

ちなみ就職は考えなかったんですか?

南健太郎

当時はすごく悩んでいて、会社入ろうかなって人に相談してもみんな「うーん」って煮え切らない返事しかもらえなくて、就職を決断できませんでしたね・・・

仮に就職活動しても、技術力が無く全く分からない状態では就職してもろくな事させてもらえない。結局技術サポートや営業に回されたりも嫌だなと。もっと開発で入れるポジションになるためにももっとプログラムについて理解せなあかんかなと思いました。

南健太郎

あと単純に僕の夢である「世界を周りたい」って夢を叶えれる会社が見つけれなかった。じゃあ今から自分でちょっとずつやっていこうと。

普通に会社に入って3年とかで独立とかが良かったかもしれないけど?どうなんだろう。いまとなってはわかりませんね。。。

フリーランスとして独立してやっててよかったなと思うのは、自分で稼がないとヤバイと思って行動していけること、あとはマーケティング的な商品が売れる仕組みなどに頭が回るようになったのは独立してて良かったことです。

まぁもしやばかくなったら会社に入ろうと思っていました。プログラミングという需要のある仕事ができるという担保があったので、最悪はどうにかなるだろうと需要が高いスキルを身に着けてて良かったなと思います。

炎寺ニア(うっふん)

私知ってますよ!プログラマーがマーケティングも使えるとグロースハッカーっていうんですよね!?カッコいいですよねこの響き!

南健太郎

そ、そうですね(恥

いまどんなお仕事されていますか?

炎寺ニア

南さんはどんなお仕事をされていますか?

南健太郎

主に
・業務改善のツール作成
・サイトを運営して人を集客するコンテンツマーケティング
・HTML/CSS/MySQL/PHP
などやっていますね

ヒートマップというページの中でどこがよく見られているか分かるWeb解析のツール作ってみたり、広告系のお客さんにサイト管理ツール作ったり。

ヒートマップとは、Webサイトでどの辺がよく見られたか、よくクリックされたかなどを記録し、サーモグラフィのように表示する解析ツールです。

これもご縁だったのですが、たまたまその広告系のお客さんがツールを導入しようとした処、プログラムなどシステムの知識がないと導入できないツールだったので、代わりに僕が知識がなくても使えるツールを提案し作ることになりました。他には、データの集計レポート作業が手作業で大変なのでプログラミングで効率化したりしています。

大体月の時間配分は
レポート集計 月 数日
広告ツール開発 1案件2〜3週間
あとは個人サービス開発に全力投資

という感じでしょうか?

南健太郎

今特に力を入れていることは、自分のサービスで食べていきたいと個人でサービス開発をしています。

炎寺ニア_燃えるぜ

個人サービス開発へのチャレンジ!!なにやらすごそう。何を開発されてるんですか?

WordPressのテーマを作っています。

WordPress(ワードプレス)とは、全世界で最も使われている無料のブログソフトウェア。現在では様々なプラグインなどが開発されており、ブログに限らずECサイトや会員サイトなどたくさんの用途で使用されている。

最近仕事の理念が決まってきたんです。

業務改善とかやってると、プログラムできなかったらすごく無駄なことやらないといけない。仕事するんだったらプログラミングで時間を捻出してあげて、浮いた経費を大事なところに突っ込むみたいな仕事をしたい。

つい最近まで何でも屋さんみたいだったけど、やりたい仕事決まってきたんです。それが業務効率化のツールだとか、WordPressで会員サイト構築とか。

プログラミング効率化できるなって有料会員サイトが立ち上げれる、やりたいことに集中してもらえる応援できるようなツールを作ろうとおもってやってる。

プログラミング、システム作ってもアホほど時間かかるんやったらおかしいな。
人のほうが早いやんってなったら違うなーと。

南健太郎

やっぱりシステム頼む人は経費削減、効率化を求めてるなと感じています。

炎寺ニア(キリッ)

つまり、やってることはほとんどコンサルティングですね。。

ようやく2〜3年前になりたかった自分に到達してるなと最近感じています。
作りたいと思ったものを作れるようになった。

次のステップとして考えているのが、どれも小さい案件をやってるので大きいトランザクションがあるような仕事の経験がないので、そこのイメージが全然沸かなくて机上の空論状態。それを経験しようと思うと個人の開発を大きくするか、大きい仕事チャレンジしてみるかになります。

(ポイント解説:トランザクションについて)
南健太郎

だいたい調べたらなんとかなるようになりました。僕英語も使えるので海外の記事も読めますし。

炎寺ニア_燃えるぜ

ああぁ〜それは羨ましい〜!!!!!

プログラミングやってると大きい仕事に憧れはある。
もっとガチガチな会社に入るとか、そういうのしないと伸びないなとは感じています。

見積もりも1人の限界ぐらいしかできない。
フリーランスだから仕方ないけど年通して月40・50万貰おうと思うと、そこに原因があると感じている。

ソースコード読むのも早くなった。人のソースコードを読んで仕様を把握できるようになったのはレベル上がったかなって感じて最近ようやく自信がついてきました。

新卒フリーランスを選んだ理由は?

炎寺ニア

新卒フリーランスって憧れはありますけど、実際大変だと思います。南さんはどうしてその道を選ばれたのですか?

南健太郎

大学生の時に留学試験に落ちた時に、理不尽さを経験して独りでやっていける力を持たないと行けないなと強く感じました。あと、新卒フリーランスだと月々のコストがそんなにかかってないので少しずつ進めていけましたね。

駄目やったら就職しようとって担保もありますが、周りにフリーランスで相談できる人が多かったのは大きいですね。

大学の友達とかでは独立してる子はほとんどいない。1人ぐらい開業してるかな?
友達には僕のイメージを壊したくないんですよね。別に自分がすごいわけじゃないけど、僕のイメージがそんなにすごい人ってていにしたくない。最初は実家で暮らしてることもあり月10万でも稼いだら食べていけたのでそれぐらいの気持ちで始めたので全然すごくないですよ。

あとは経営やマーケティングを知れる・学びたかったなど好奇心から勉強してみて自分でもやってみたいなと思いました。

炎寺ニア

レベルが上がると思った瞬間とかありますか?

南健太郎

オープンソースのソースコードたくさん見たかいもあり、勉強を始めた頃に比べるとソースコードキレイに書けるようになった気がします。(笑

これからやりたいこと?

炎寺ニア

個人開発や独立されてるだけでも羨ましいですけど、南さんがこれからやりたいことってなんですか?

南健太郎

なるべくプログラミングの価値を上げたいですね!

現状価値上がってきていますが、プログラミング知らない人に分かるようにいうとまだまだ下請けのエンジニア感があります。

プログラミング覚えたら自分の人生バラ色やみたいな状況にしたいですね。個人的にはノブリス・オブリージュって理念なので、何かしら日本のためになる活動したい。

求人情報サイトで上場しているWantedlyの社長がプレゼンされてたのですが、みんながAmazonなど海外のサービスを使えば使うほど海外にお金が流れていくので日本のサービスを海外に持ち込まないといけないというのにものすごく共感しています。

炎寺ニア

あーたしかに!最近気がつけばAmazon、Apple、Google、Netflixなど海外のサービスいっぱいですもんね。

南健太郎

価値を上げるのもなるべく再現性高いやつを実現したいです。

たまに才能ある人がポーンと年収2,000万円ですげーぞ!みたいなやつじゃなくて、普通に働いててサービス作るまでの流れとかがあって再現性あるような

論理的な仕組みを作ってを発信したい。
多くの人が会社辞めれないのは自信無い、他に後ろ盾がないといった気持ちが大きいと思うので、プログラミングで自分でサービスつくって面倒見とけば食べていけるみたいな状態が作れたら価値があがるなと思っています。

南健太郎

会社嫌なんだったら自分でサービス作って辞めたらええやん!って大声で言えるようになりたいですね。仕事のためにプログラミングするんじゃなくて、自分のライフスタイルのためにプログラミングする価値観を増やしたいです。

炎寺ニア(あちゃー)

よーし、私も・・・ってやっぱりそんな簡単に独立とか決意できませんよ〜(涙

これから未経験からプログラマーを目指す人に一言

炎寺ニア

これからプログラマーになりたい方に一言お願いしまーす!

南健太郎

ななななんでしょうね?(笑

これから間違いなく、需要があるスキルなので将来やりたいこととかないんであれば、プログラミングっていうスキルを選ぶのいいんじゃないかな。

英語みたいにプログラミングが公用語になる。まさかプログラミングが必修科目なるとか思いもしなかった。選んだほうが人生に応用がきくと思うので人生に迷っているならプログラミング選ぶといいよ。

もっとプログラミング出身の社長増やしたいですね!

プログラマー転職無料相談会!定期開催中

定期的に無料プログラマー相談会を開催しています。
どうやって勉強すればいい?
どうやって転職したらいい?
何から始めたらいい?
といった質問に答える少人数制の相談会です。将来プログラマーに転職したい人向けにサービスを提供するためにテストマーケティングのために開催しています。プログラミングを学びたいけど何からすればよいかわからない方、ぜひご検討ください。