カナダ先輩(テレる)

今回は実際に未経験からプログラマーに転職された方のストーリーをインタビュー形式でご紹介したいと思います。

実際プログラマーとして働いている人ってどんなきっかけから、
どうやって未経験からプロのプログラマーになるんだろう?
実際働き出すとどんな感じなんだろう?

といった実際未経験からプログラマーになりたい人には役に立つ内容が盛りだくさんなので、ぜひ最後まで読んて見ください!

プログラマーになる前の職業

笑顔が素敵なプログラマー池田さん

今はプログラマーやディレクターとして活躍されている池田さん。
実は今の仕事をする前の職業は、B〇〇K◯ffの店員さんをされていたとのこと。

ただ、B〇〇K◯ffの店員をしていた時にふと思ったことがあるそうです。

炎寺ニア


どうして、B〇〇K◯ffを辞めようと思ったんですか?

池田さん

それは、25歳の時にこのままB〇〇K◯ffの店員をしていていいのかなあっと、ある日ふと思ったことがキッカケです。

炎寺ニア

何かその時の職業に不安があったとかですか?

池田さん

不安というより、このまま一生この仕事を続けてもいいのかとか、一生続けるべき仕事ではないかもと急に思ったからですかね。

炎寺ニア

なるほど、一生続けるべき仕事なのかと思ってから転職しようと考えた結果プログラマーに興味を持たれたんですね!

池田さん

そういうことになりますかね。

プログラマーに転職しようとおもったキッカケ

かなり前のことを頑張って思い出してもらっています・・・

池田さんがプログラマーに転職しようと考えていた理由は、池田さん自身がゲームを作りたかったことがきっかけ。

そのために、色々情報収集をしていました。

情報収集をしていた時に使っていたサイトがゲームクリエイターになろうというようなサイトだったそうです。

ゲームクリエイターになるには?進路の選び方、よくある勘違いまで徹底解説


ゲームクリエイターになるには?進路の選び方、よくある勘違いまで徹底解説

ゲームプログラマーになるにはこれでバッチリ!


ゲームプログラマーになるにはこれでバッチリ!

炎寺ニア

なるほど。まずはそういうサイトで情報収集をされてたのね。

池田さん

そうですね。で、僕はゲームを作る人というより、ゲームを作るためのプランニングができる人になりたかったんです。

炎寺ニア

いわゆるプランナーですね

ゲームプランナーとは、ゲームの企画を考えたり、ゲームの仕様書を作成したりとゲーム作成全般の業務をする監督のような仕事です。

池田さん

そうです。で、プランナーになるにはやっぱりどうやってゲームを作っているかの背景、つまりプログラミングができるプランナーは強いということを知ったんです。

炎寺ニア

なるほど、それでプログラミングに興味をもったというわけなんですね。

池田さん

はい、それでプログラミングをマスターすることがプランナーになる一番の近道だと思いました。
なので、プログラミングに興味を持ち、まずはプログラマーに転職しようと思いました。

プログラマーとして働くまでの道のり

パソコンには炎寺ニアちゃんのシールが・・・

プログラマーになろうと決意してから、プログラマーになるためのステップとして仕事しながらプログラミングを学べるところを探していたとのこと。

独学や専門学校に通うという選択肢も考えたそうですが、いきなり独学だと何から始めたら良いかわからない。

専門学校に行ければ良いけど、年齢的なものとお金的な問題で諦めたとのこと。

バイト求人サイトのAnnやIT系の求人サイトとして有名な、FindJobといったところでひたすら「未経験OK」という文字を検索にかけて探していたそうです。

あとは、普通に就活もして自分が理想とする仕事先を探していたようです。

FindJob公式サイトはこちら

炎寺ニア

なるほど。でも、思ったんですけどゲームが作りたいならいきなりゲーム会社に飛び込むってのもありだったんじゃないですか?

池田さん

確かにそれだとベストだったんですが、当時は未経験歓迎で募集しているゲーム会社がなくて・・・。

炎寺ニア

言われてみれば確かにそうですね。。。

池田さん

あと、業務経験2年必須とか、経験がなくてでもC++に詳しいとかが必要で、僕にはそれがなくてゲーム会社に転職は諦めました。

炎寺ニア

それで、今の会社にはどうやって入ったんですか?

池田さん

今の会社はたまたま「未経験OK」って書いてあったので応募したら、見事受かってそのままOJTで勉強をしていました。

OJTとは、「On-The-Job Training」の略で、実際の業務を通してスキルを身につけたりする訓練のこと。

炎寺ニア

入社した時にはどんな言語をしていたんですか?

池田さん

入った当初はC#というプログラミング言語をやっていました。

C#とは、マイクロソフトが開発したプログラミング言語で、Javaとよく似たプログラミング言語になります。

炎寺ニア

応募して受かったんだったらきっとよほどセンスがあったんですね!

池田さん

いえ、センスは皆無でした。プログラミングができると意気揚々とC#の本を買ったのですが、初歩的なところで挫折しちゃいました。

炎寺ニア

ということは、実際プログラミングの勉強を始めた時の心境はあまり楽しくなかった感じですか?

池田さん

やっとプログラミングを学ぶことができる、と思ってたので楽しかったですよ。また、せっかく入社させて頂いたのでがんばって課題を超えていこう、とも思ってました。

炎寺ニア

課題は終わらせることはできたんですか?

池田さん

はい。周りの方に助けてもらいつつも、なんとか課題をクリアすることができました。

課題で実際やったこと。

実際の課題は、入社した会社にある研修内容のカリキュラムをこなしていたそうです。

やったこととしては、変数とか条件分岐といったプログラミングで出てくる基本的なものをやっていたとのこと。


変数とは、プログラミングで出てくるデータを一時的に保存しておくために使う箱のようなものを変数といいます。

条件分岐とは、処理をわける時に出てくる時に使うプログラムのことを条件分岐といいます。

炎寺ニア

なんだ、結構楽ちんそうじゃないですか!

池田さん

僕も最初は簡単だ!と思っていました。ただ、最後の方になるとどんどん難しくなっていって・・・。

炎寺ニア

どんな内容だったんですか?

池田さん

最終的にはプログラミングで数字魔法陣の回答や、小町算の回答を作ったり、など数字のパズルを解いていくみたいな課題をしていました。かなり難しかったのを覚えています。。。

炎寺ニア

え、数字パズルの回答って難しくないですか・・・。

池田さん

はい、難しかったのを覚えています。。。

炎寺ニア

な、なるほど。。。

研修から初仕事までの道のり

炎寺ニア

そういえば、研修してから実際の現場に出るまでどれくらい時間があったんですか??

池田さん

研修してから実際の仕事に出るまでは、だいたい2ヶ月くらいですね。

炎寺ニア

その2ヶ月ずっとC#をしていたんですか?

池田さん

その2ヶ月の間に「Java,PHP,HTML,データベースについて」を勉強しました。

Javaとは世界でももっとも人気とされている言語の1つで、Androidやシステム開発に使われるプログラミング言語です。

HTMLとはHyper Text Markup Languageの略称で、Webサイトを作るために必要な言語のことです。

SQLとはデータベースとセットで使用されるプログラミング言語です。

炎寺ニア

色々あって大変そうだったんですね。

池田さん

確かに今思ってみれば結構大分詰め込んだ感じだったかもです。でも、実際の現場に出る前のに必用な基礎はついたと思います。

炎寺ニア

初仕事はどんなことをしていたんですか?

池田さん

初めての仕事はECサイトのデバッグテストをやっていました。あとは、実際の商品の画像表示をやったりしていましたね。

ECサイトとはElectronic Commerceの略で、楽天やYahoo!ショッピングなどの電子商取引のことを言います。

デバッグとは、プログラミングの間違いを探し出し、修正することを言います。

炎寺ニア

なるほど。それはどんなプログラミング言語を使っていたんですか?

池田さん

使ったプログラミング言語はPHPとJavaScriptでした。

PHPとは、Hypertext Preprocessorの略で、Webベースのソフトウェアを作るために使われる言語です。

炎寺ニア

PHPということは、Webのお仕事だったんですね。

池田さん

そうですね。

炎寺ニア

初めての仕事はどうでした??

池田さん

プログラムで仕事をやっていける!と思ってました笑

初仕事から実際に自分でゲームを作る経験までの道のり

炎寺ニア

さっき聞いた実際の現場に出た時の仕事は、どちらかというとチェックのような仕事だったと思うのですが、初めて自分の手で作るみたいな仕事はどんな仕事でした?

池田さん

初めてやったのは、ガラケーのミニゲームを作った時だと思います。

炎寺ニア

ミニゲーム!なんか楽しそうですね。どんなゲームを作ったんですか?

池田さん

間違い探しゲームと育成ゲームを作っていましたね。

自分でイチから作っていた時の苦労話

かなり前のことを頑張って思い出してもらっています・・・

池田さんが初めてイチから作ったのはミニゲームを作った時だったようです。

ただ、もちろんすんなりイチからゲームが作れたというわけではなく、ミニゲームの元となったソースコードを読んでみても全くわからなかったりと色々苦労もされた上で完成させたとのこと。

ちなみに、ソースコードとは、プログラミング言語で書かれたソフトウェアの中身のことをソースコードと言います。

また、どれくらいのレベルでわからなかったというと、実際動いているプログラムの意味を追うことができないというくらいのレベルでわからなかったようです。

炎寺ニア

その時はどうやって乗り切ったんですか?

池田さん

とりあえず、動いているところのソースを真似して、動かしたりしてましたね笑

炎寺ニア

なるほど。とりあえず、動かすみたいな状態だったわけなんですね。

池田さん

そうですね。動けばなんとかなる!と思ってました。

初めて自分で作る経験してからのこと。

実際は初めて作るという経験をされてからは、別の会社に先輩のプログラマーと一緒に出向したそうです。

その出向先の会社では、携帯ゲーム機のプログラマーとして活躍されたとのこと。

ここで、とうとう池田さんのゲームプログラマーとしてキャリアが本格的にスタートした瞬間でした。

ゲームプログラマーになったという実感

炎寺ニア

プログラマーとして本格的に活動されたとのことですが、実際ゲームプログラマーになったという実感が湧いたのはどんな時だったんですか?

池田さん

そうですね。やっぱり、自分が作ったゲームが世に出るのをみると、あぁ、やったな!と思いました。

炎寺ニア

それはすごい!!友達に自慢とかしたんですか?

池田さん

飲みの席とかでは、自慢話のひとつになりましたね

ゲームプログラマーとして走りだしてからの苦労話

炎寺ニア

話を聞いている感じだと、順風満帆に進んでいてすごいですね!

池田さん

いや、もちろんうまくいったことばかりではなく、苦労話もあります。

炎寺ニア

そうなんですか?例えばどんなものがあるんですか?

池田さん

そうですね。例えば、技術的に誰もやってなくてわからない事があったりしたことですね。その場合、最新すぎたり、経験した人が少なくて情報がなかったりとかですね。

ホストゲーム苦労話

炎寺ニア

それは、どんな時にそう思ったんですか?

池田さん

あれは、ちょうどホストのゲームを作ってた時ですね。

炎寺ニア

ホストのゲーム!?なんだか楽しそうですね!

池田さん

確かにみんなで端末を使ってテストとかした時は楽しかったですね笑

炎寺ニア

最新って言ってましたが、ホストのゲームはどんなところが最新だったんですか?

池田さん

それは、当時出ていたセンサーで傾きを察知したりする機能がついた携帯電話が出ていたんですが、そのセンサーを使ったゲームって当時どこにもなくて情報が少なかったんですよ。

炎寺ニア

なるほど。センサーがついている携帯電話はその時は全然なかったんですね。

池田さん

そうですね。それで、プログラミングするけどこれで合ってるのかなあ?と思ったり、携帯電話のドキュメントを繰り返し読むことが何回もありました

炎寺ニア

確かに前例がないと、何が合っているかわからない状態で作業しないと行けないから大変そうですね。。。

池田さん

そうですね。それに、配信日も迫っていたのでなかなかの暗黒期でした笑

移植わからなすぎて会社の人に怒られた話

炎寺ニア

他にもそういう苦労話はありますか?

池田さん

そうですね。あとは、移植のやり方を知らなくて大変だったことがありますね。


移植とはあるプログラムを別の環境でも動かすようにすることを移植といいます。
分かりやすく言うと、PS4で動いていたプログラムをスマホゲームでも動くようにするなど。

炎寺ニア

それはなんの移植だったんですか?

池田さん

docomoからauへの携帯ゲームの移植ですね。

炎寺ニア

なるほど、例えばdocomoで動いているゲームをauの携帯でも動かすようにするみたいなことですね。

池田さん

そうですね。ただ、docomoからauへの移植経験がなかったんでとりあえず動くようにやっていましたね。

炎寺ニア

経験がなくても大丈夫だったんですか?

池田さん

いや、そこは会社の人に怒られたり、先輩に助けてもらったりしながらなんとか苦労して移植させました。

プロになった今、これからやりたいこと

やりたいことを効くとプログラマーらしい探究心
炎寺ニア

色々苦労する経験をして、今は色々な案件をされていますが、それ以外にやってみたいこととかはあったりしますか?

池田さん

そうですね。できれば、教育系のコンテンツに関わっていきたいですね。

炎寺ニア

それはどうして教育コンテンツに関わっていきたいんですか?

池田さん

それは、子どもたちの選択肢を増やして上げたいからですかね。

炎寺ニア

どうして選択肢を増やしてあげたいんですか?

池田さん

それは、ちっちゃい頃から選択肢が多ければ、自分の選ぶ道が色々選べるし、自分のやりたいことに近いことが選ぶことができるチャンスがもっと増えるんじゃないかなっと思っているからです。

炎寺ニア

とても、素敵なことですね!他にやってみたいことはありますか?

池田さん

あとは、PHPのフレームワーク「Laravel」とかJavaScriptを使った今風の開発を時間があればバリバリやりたいです。

これから未経験からプログラマーを目指す人に一言

池田さん

いつやるの?今でしょ!!